0931 939 453

RPA_プロセス自動化

RPAの概念

RPA – Robotic process automation

ロボットプロセス自動化は、比喩的なソフトウェアロボットまたは人工知能/デジタルワーカーによるビジネスプロセス自動化テクノロジーの一種です。ソフトウェアロボットと呼ばれることもあります。

より大規模なワークフロー自動化戦略の一部としてRPAツールを使用することにより、ソフトウェアの「ロボット」を簡単に構築され、応答をアクティブし、データを操作し、他のデジタルシステムと通信することができます。簡単な操作を含んだロボット機能の例として、ある電子メールへのオートレスポンダーの作成に数千のボットを展開する必要があります。その内ERPタスクを自動化するようにボット別事前にプログラムされました。

RPA

なぜRPAは潜在的な分野なのですか?

COVID-19により仕事への影響が少ないだけでなく、繁栄する可能性もあります。

テクノロジーは近年急速な成長を遂げています。2020年には11.94%、2021年には19.53%増加しました(Gartner、2020年9月)

エンタープライズレベルの顧客(最高のテクノロジー適用層)と連携する機会:Gartnerは、2022年までに、世界中の企業および大企業の90%がRPAを適用すると予測しています。 2024年には、企業のRPA適用が3倍になります。

実際、自動化の需要は企業自体から生じています。企業はデジタルトランスフォーメーションの競争の中、特に疫病流行の時期に最適なソリューションを探しています。組織/企業は、最大数百の自動化プロセスを「注文」します。したがって、RPA業界の技術者は、同時に異なる分野で働き、学ぶことができます。

RPAには2つの一般的なタイプがあります

監視付き自動化 監視付かない自動化
監視付き自動化により、組織内でより価値のある作業に集中できます。これは、直接顧客対応部門の手動および反復的な操作を自動化したり、アクションをリアルタイムで記録および再生することによりクリックなどデスクトップとブラウザーでの操作を模範したりすることにより、実施されます。 逆に、名前が示すように、監視付かない自動化では、ユーザーがコンピューターの前に座る必要はありません。代わりに、無人ボットはアクションを記録して再生することで仕事を進めます。アクティブスケジュールと自動イベントスケジューラーを使用することにより、組織全体で大量のタスクの自動化を加速するための理想的なソリューションです。

スーパーオートメーション

他のテクノロジーと同様に、RPA機能は急速に進化し続けます。したがって、強力で主要かつ包括的なソリューションを装備することは、どの組織にとっても最優先事項です。ただし、機能の追加も不可欠です。ここでスーパーオートメーションが活躍します。

ハイパー自動化を含むフルスタックソリューションを確実に選択することで、御社は自動化プロセスのさまざまなコンポーネントを組み合わせることができるテクノロジーからのメリットを受けます。それからツールとテクノロジーを統合し、API、AI、プロセス開拓、分析などを介してタスクを自動化する機能をさらに拡張します。

RPAの共通機能

  1. Advisory services -プロセスのエラーの検出に特化
  2. Process identification – RPAと組み合わせたプロセスの標準化とプロセスの強化
  3. Process Assessment – プロセスの最適化。特にコストの最適化。
  4. Private RPA Cloud – リモートデータの保存・使用と情報セキュリティ
  5. Development center – 国際的な高度開発者
  6. RPA Cloud team – RPAに関する大量の人員とソリューション
  7. Managed services –  プロセス管理と24時間年中無休のサポート
  8. Governance – 安定性、セキュリティの保証、および企業文化に適合