0931 939 453

ダナン市:当初BPO企業は越日合弁形式事業は正式に稼動する

新しい越日架け橋をもう一つ設ける

(ICTDANANG) 2018年1月8日の午後、BPO.MP有限会社のオープニングセレモニーが開催されていました。BPO業務(ビジネスプロセスアウトソーシング)の様々なサービス遂行するベトナム領地での合弁事業形式です。同時に、協力しながら発展する模型は「ノウハウ」と3社の出資パートナーの異文化を統合します。

情報・送信局、越日友好会、ダナン市企業家会員、市民委員会の代表者も式典にご出席しました。

出席者はオープニングセレモニーのテープカット式典を行い。JPメディアダイレクトの代表取締役中島 直樹氏、ミンフック有限会社の社長グェン ビェト チュン氏と西川コミュニケーションズの代表取締役西川 栄一氏は一緒に看板除幕式を行いました。

-Photo: T.N.

越日文化の利点を統合し、国際規格が満ちるBPOサービス提供します

2017年11月3日に、ミンフック有限会社(本社はベトナムのハノイ首都、グェン ビェト チュン 氏は社長)、JPメディアダイレクト株式会社(本社は日本東京都港区虎ノ門、中島 直樹氏は代表取締役社長)、西川コミュニケーションズ株式会社(本社は日本名古屋市東区東桜、西川 栄一氏は代表取締役社長)NICO、MP及びJPMDで合弁会社を設立しました。

BPO.MP合弁会社はミンフック有限会社のBPOセンターから設立しました、今後はより強く発展し、全ての「ノウハウ」と、JPメディアダイレクト株式会社及び西川コミュニケーションズ株式会社の利点を統合します。

BPO.MP社は越日文化の利点を統合し、メンバーの会社の利点を活かすことで建設されました。我々は日々に高品質の様々なサービスを提供するのを誓い、サービス業発展トレンドを応じる、またローカル人民に新職種と新仕事を生み出します-グェン ビェト チュン氏は語りました。

BPO.MP社のメインな事業:データ入稿と処理、金融と会計加工サービス、画像加工、翻訳/通訳。オープニングセレモニーでは、会社の代表者がBPO.MP社の発展目標を「国際規格満ちるBPOサービス提供業者」だと主張しました。

グェン ビェト チュン氏もさらに主張したのは:現在まで、施設と設備の投資は完了し、近代的な技術とインフラストラクチャー整備(ISO27001:2013情報セキュリティー保護基準)、最高条件営業で営みます。我々の活動方針:「協力を成功させ、限界を超える」

BPO.MP社は次のように語りました、人材リソースは当初の利点です(雇用の厳格要求が満ちて、仕事に直ちに着手可能)       

その上で、若くて、豊富で、高いスキルで、積極的な人材をゲットする為に、BPO.MP社は人材育成に長期投資ポリシーを充実しています。

-Photo: T.N.

越日架け橋をもう一つ建設します

ICTダナンに回答により、BPO.MP合弁代表は発表した、日系企業はダナン市を選び、投資したトレンドの理由とは、税金の優遇ポリシー、インフラストラクチャー整備(特にインフラストラクチャーはクライアントの要求を満たします)

市民委員会はダナン市で専業人材又は情報技術人材の育成と教育と誘致ポリシー発行、若い人材ではなく、日本語の理解も利点です。他の競争要素と魅力は交通の便が良くて、特に双方的の類似文化のところが多いです。

JPメディアダイレクトの代表取締役-中島 直樹氏は次のように発表しました、今朝(1月8日)にホイアンを訪ねるときの話で、「ホイアンに日本橋を見ました、我が知る限り400年前にホイアンに小さい町が存在しました…」

BPO.MP社もホイアンにある日本橋とのように、日本側は努力し、BPO.MPがダナン市の日本橋でダナンと日本を繋ぐようい誓約します」

JPメディアダイレクトの代表取締役、中島 直樹氏:BPO.MP社はダナンと日本をつなぐ新橋です。
-Photo: T.N

「様々なノウハウの統合」日-日と日-越

初めて、越-日側の発表の中で、協力しながら発展、ノウハウ要素はいつも言及されました。

この一年間、「ノウハウ」「ノウホワイ」用語は外資合弁会社で働くベトナムの若者労働者、専門士にとって聞き慣れる言葉です。それは難しいタスクを担い、実施から真似す、展開まで(ノウハウ-やり方知り-把握、発展とも呼ぶ)、その後ノウホワイ(なぜやるかも知る)

会社の発展目標というのは越日異文化の利点を統合します。-Photo: T.N.

BPO.MP合弁会社の「ノウハウ」と「ノウホワイト」要素に関してはJP メディアダイレクトの代表取締役-中島 直樹氏は述べました。

我々のJP メディアダイレクトは10年前に設立されました、日本の大きい広告代理店と日本郵便で合弁で設立されました。

両社の企業文化も大幅に異なって、しかし、「ノウハウ統合」と優秀社員のお陰で、設立してから10年間、我々の会社が成熟しました。

今回は別のステップを歩む、MPテレコム社との協力協定を始めとして、我は喜びをこめて確定するのは:我々は異文化の統合を通じることで、新機会作り出します。

ベトナム報道機関に送られたプレスリリースには、BPO.MP合弁会社は次のように強調した:会社の発展目標がベトナムでも国際でものクライアントに国際規格が満ちるBPOサービスを提供する為に、越日異文化の利点を融合し、両国の企業の強みを活かしべきです。

3社(日系企業2社-ベトナム企業1社)によりBPO.MP合弁会社の設立は越日双方外交関係をより深く築く、ベトナムのBPO業界発展に貢献し、さらに国内外パートナーとの協力機会をもたらします。

T.Ngọc